あなたのことを誰より・・・|2ワールド コーチング

あなたのことを誰よりも支えてくれているパートナーを、大切にしてますか?

スポンサーリンク

こんにちは、トゥーワールドコーチングオフィス代表の吉長です。

今年で私は36歳になります・・・確か
(自分の年齢についてあまり意識しなくなってきたので、だんだん自信がなくなってきますね。。。)

自分ではいつまでも若くいたいつもりで、気持ち的には20代前半。
(ただのおめでたいやつの可能性アリですが。。。)

30代半ばという年齢は、肉体的にもまだまだ若い?と思いますが、そんなつもりで無理な生活を送っていると、20代前半の頃と比べて色々と身体がガタつきやすくなったのを実感します。

おそらくメンタルコーチとして起業し、以前のフィットネストレーナー時代とは生活が大きく一変したのも影響しているのでしょう。

人の幸せを応援する為に、日々アタマとカラダを使っているわけですが、最近ふと、カラダのあちこちが悲鳴をあげやすくなってきたことで、『もっと自分のカラダに優しくしてあげねば』としみじみ感じています。

まず自分の心身の健康があって、他人の心身の健康を支援することができると思いますので、フィットネストレーナー時代を思い出して、肉体のメンテナンスもしてあげたいと思います。

ちなみに、私の職業であるコーチ(coach)という言葉の本来の意味は「馬車」で、それに乗る人を目的地まで送り届けるという意味から、クライアントの目標達成を支援する者をコーチと呼ぶようになったというふうに言われています。

ということから考えると、私達が目的をもって生きていく中で、常に寄り添ってあらゆるところへ連れて行ってくれるこの自らのカラダこそが、誰よりも自分のことを応援し、生涯を通して支え続けてくれている一番のコーチであるとも言えるのではないかと思います。

時にカラダは、「感情」や「感覚」を通して様々なことを教えてくれている気がします。

なんか上手くいかないなと思う時は、自分のカラダに訊いてみるのも大切なことなのかもしれませんね。

見た目を良くしたり、スポーツで良い結果を残すことなどの「自己の欲求」を満たすためのカラダ作りも大切ですが、パートナーを労わる気持ちでの愛のあるカラダへのケアも大切ではないかとしみじみ思い、ここに綴ることにした今日この頃。
(この辺は少しおじさんくさい考え方ですかね。)

みなさんもぜひご自身の一番身近なパートナーを大切にしてあげてくださいね。

以上、吉長のひとりごとでした!

(このブログのタイトルから、妻を連想された方もいらっしゃるかと思いますが、もちろんそれ以上の愛を与えていきたい気持ちはこざいますので、念のため。)

夢や目標達成、理想の自分になる為のメンタルサポートを行う「コーチング」について詳しく知りたい方は、2World Coaching Officeのwebサイトのトップページをご覧ください!

コーチングについて検索!
スポンサーリンク
2WCOレクタングル広告(大)
2WCOレクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
2WCOレクタングル広告(大)
トップへ戻る